忍者ブログ

(38) 迷信

僕は血液型占い、占星術、星座占いだのといった「占い」の類を全く信じない。
信じない理由は「全く根拠が無い」からだ。オウムの教祖が宙に浮いたくらいに滑稽な話だ。根拠が無いことに根拠があるように見せかけているだけなので僕には詐欺のようにも思える。

しかし、ソレを聞いて一喜一憂する日本人が多いからあんなに占い関係の本が出ていたり、テレビでもやっているのだろう。日本人を騙すのなんてチョロイもんだ。

テレビでよく見かけるオールバックのオバハンは誰かと思っていたら細木数子とかいう占い師らしい。最近はテレビを点けると必ずこのオバハンが出てくるのでテレビを点けない。何故か喋ってるのを聞いてると不愉快になる。

「占い」や「風水」を信じるのは東アジア人だけかと思っていたのだけれども思いの他、CISの人達は「占い」や「迷信」を信じている。最も、日本人ほど「占い」を信じているワケではないけれども
「迷信」は日本人以上に信じていし、人々の生活に根を張っている。


ロシア語に「сглазить」という単語がある。
意味は、

①睨んで魔法をかける
②誉めすぎる等して災いを招く

等である。


アルメニアの友人がお金を貯めて、やっとの思いで携帯電話を買ったらしい。

(携帯電話が1円で売っている日本と違って向こうでは携帯電話は高嶺の花であり、持っているだけで自慢出来る。
見せびらかしたいので、向こうの人は携帯電話をポケットに入れずワザワザ手に持っている。まぁ、ポケットに入れてたら盗まれる可能性が高くなるというのもあるのだろうが)

もう、アッチコッチ持っていってとにかく見せびらかしていたらしい。ところが或る日、盗まれたか落としたか何処かに置き忘れたかして無くしてしまったらしい。

GSMの携帯電話は中のチップを変えれば盗んだものでも簡単に使えてしまうので手元に帰ってくる確率は0%。日本のように持ち主の手元に帰ってくる事は有り得ない。

その友人は「クソッ、誰かが俺を羨んでсглазитьしたんだ。」と言っていた。高価なものを無くしたら何かのせい、誰かのせいにしなければやってられないのは分かる。しかし、ソレを「誰かが俺を羨んで呪いをかけたんだ」というのは非常に面白い。

CISでは「美人は幸せになれない」というジンクスがある。上記と同じく美人は美人というだけで他の女性から妬まれる。美人は多くの不美人から一斉に呪われるので不幸になるらしい。日本でも「美人薄命」なのは同じだから、世界中でこう言われているのかもしれないが。

CISでは、人によっては自分の子供の写真を撮られたり、子供の写真を送ってとせがまれたり自分の子供を誉められ過ぎたり、子供の顔をジィーッと見られるのを極度に嫌ったりする。

僕も友達に電話して「子供が生まれたんだって?良かったね!今度、子供の写真を送ってね。」等と気軽に言ってしまう事がある。すると、大概の人は写真を送って来ない。僕はCISの人じゃないので「呪い」をかける気はサラサラ無いのだが、それでも送ってこないのだ。

向こうのお母さんは自分の子供を誉められ過ぎると表情が硬くなる。

「カワイイー!カワイイー!超カワイイー!!!もう食べちゃいたいッッッ!!!!!」

等と誰かが言おうものなら、「ウワッ、子供がсглазитьされてる」と思うようだ。

その後、その子が熱を出したり病気になったりすると「あの時、сглазитьされたからだ」と思うのが向こうの平均的なお母さんである。嘘みたいな話だが本当の話だ。

年が経つにに連れてクソガキになっていくのだが、向こうの子供は小さい時は確かに可愛い。しかし、だからといって可愛い子供を「可愛い」と誉めても、向こうの人は「呪いをかけてる」と受け取ってしまうのだから堪ったもんじゃない。まぁ、誉めるのは良いケド、誉め過ぎたらイケナイという事ですけどね。

その地域、その地域で不思議な迷信があったりするのは面白い。外国人が「何だそりゃ?」と思うような風習が日本にもあるワケだし。

僕はアルメニアでアパートを借りる時、家主にいつも「北はどっちの方角だ?」と聞いていた。家主やブローカーが不思議がるので「日本では北の方角に頭を向けて寝るのは死人だけ」と説明したら「へぇぇぇぇぇ」という答えが返ってきた。日本にも不思議な風習や迷信があるのだ。

案外、「占い」だの「迷信」だのは何か災いが起きた時に、責任を自分以外に押し付ける為の方便のような気もする。子供が病気になったからって、ソレを「呪い」のせいにするのは、、、ねぇ?

国民の恨みつらみを一身に背負っている共和国大統領のコチャランはピンピンしているのだから、「呪い」というのはあまり根拠の無い話のような気がする。

あッ!逆か。もし、国民がコチャランを愛しまくって誉めまくったりしたら「呪い」がバッチリかかって病気になるのかしらん?


このエントリーをはてなブックマークに追加


⇦ 前の記事 : アルメニア人のスポーツ ⇨ 次の記事 : 国際結婚

前の記事 ⇒  アルメニア人のスポーツ    次の記事 ⇒  国際結婚

HOMEへ戻る


PR
アルメニア

 
サイト内検索
フリーエリア

ジオターゲティング

このページのトップへ移動

Copyright (C) 不思議な、不思議な「アルメニア共和国」 All Rights Reserved.