忍者ブログ

(57) フォンツォレスク渓谷

実を言うと、ココがフォンツォレスク渓谷だったか正確に思い出せません。

何人かのアルメニア人に確認して貰ったところ、「多分、フォンツォレスク渓谷だと思う」
との事だったので、フォンツォレスク渓谷という事にしました。
この地域に詳しい人、もし間違っていたらゴメンなさい、、、

友人がカラバフに行く為にこの地域を通ったそうなのですが、やはりその時も非常に霧が濃かったそうです。

という事は、この地域はこの「濃霧」が当たり前なのでしょうか?

僕が滞在した5日間はとにかく思いっきり霧が濃かった。
5メートル先もボンヤリするくらいに霧が濃かったです。

ですが、ゴリスに住む人達は「そんな事は日常的だ」といわんばかりに濃霧の中、普通に生活してましたね。子供も外で遊んでいたし、、、

今思い出しても、霧が濃くて本当に幻想的な「不思議な世界」でした。

頭のスグ上に雲がフワフワと漂っている感じ。旅で、こんな不思議な地域に訪れると本当にワクワクします。

そうそう、空気もキレイでした。水も美味しかったです。
各家庭で作られる自家製のチーズはチョットしょっぱかったなぁ、、、


アルメニアにしては緑が多い地域でした。
しかし、やはりアルメニアは「石ころと岩だらけの国」なのです。


スグ頭の上に雲(濃霧?)が漂っていました。
右の人は、案内をしてくれた地元のお医者さん。


見づらいですが、天然の鉱泉があるそうです。
万年水不足の国なのに、比較的この地域は水が豊富だと聞きました。


天然の泉らしいです。一応、飲んでも害が無いとの事。飲みませんでしたが、、、


この風景を見ると、やはりアルメニアは石ころだらけと安心したりして。
実際に見ると、不思議な色が交じり合う美しい景色でした。


ハテ?コレは何だったかな?何でこんな写真を撮ったんだろう?
右は1000年前の水道管だと言ってました。本当か?


このエントリーをはてなブックマークに追加


⇦ 前の記事 : 復活祭 ⇨ 次の記事 : タテフ教会

前の記事 ⇒  復活祭    次の記事 ⇒  タテフ教会

HOMEへ戻る


PR
アルメニア

 
サイト内検索
フリーエリア

ジオターゲティング

このページのトップへ移動

Copyright (C) 不思議な、不思議な「アルメニア共和国」 All Rights Reserved.