忍者ブログ

(1) 最初に

まず最初に、僕は今現在はアルメニアに住んでおりません。
通訳・翻訳の依頼やラジオ出演、現地調査の依頼メールを時々頂くのですが、住んでいないので何にも出来ません。協力出来なくて本当に申し訳ない。

このサイトは、以前アルメニアに住んでいた時に立ち上げたものです。
何年も住んでいたのでそれなりに写真のストックもあったし、何よりも日本人に全くなじみが無く、情報が丸っきり無い「アルメニア共和国」の情報を少しでも欲しいという日本人が居ると知って立ち上げる事を思いつきました。

このサイトは、住んでいた当時の写真であり文章なので、今と照らし合わせてみるとチョット情報がおかしい所があります。

特に「旅行者への情報」は、その当時はモスクワ経由であれば「トランジットヴィザ」が必要だったのですが、今(2006年以降)は必要無いです。あの、腹立たしいロシア領事館に行く必要が無くなりました。
大変に喜ばしい事ではあるのですが、決して僕のサイトが嘘を教えているワケではありません。

そして、ホテルも結構買収されたりして名称が変わってしまったようです。恐らく、レストランも倒産したり新しいのが出来たりして今頃はイェレヴァンもすっかり変わってしまった事でしょう。

一時、面倒臭くなって更新してませんでした。
しかし、仕事に差し支えない程度に更新しようと思います。

日本に住むアルメニア人の数はごく僅かなのですが、ある人が発起人となって「アルメニア倶楽部」なるものを設立しようというアイデアがあるそうです。実現したら良いなぁ、とは思うのですが何せ数が少ないので難しいかもしれません。

日本との二国間では貿易や交流というものが殆ど無いのですが、アルメニアには「日本倶楽部」なるものがあって、そこでは日本語に興味があるアルメニア人達が日本語を勉強していたりします。

なので、日本にもアルメニア語を勉強したりアルメニアの映画を見たいと言う人も
居るかもしれないので、「アルメニア倶楽部」が出来たら良いですね。
結構、アルメニアの映画やミュージックビデオ(PALですけど)、本も持っているので、興味のある人に貸し出すのも良いアイデアだと思うのですが、どうでしょうか?

ただ、在住当時は常にカバンの中にデジカメを入れて必要があれば写真を撮っていたので写真だけはやたらとあるので、興味深いものもそうでないものもサイトに載せられれば良いなぁと思っております。

昔に比べたら、アルメニアは日本から行き易くなりました。生活の大変さは相変わらずらしいですが。
インフレ傾向なので、ホテルや宿代は僕が住んでいた当時に比べれば高くなったでしょうが、それでも交通等の便に関してはだいぶ整理されたようです。

少しは変わったのかなぁ、と思いつつ1週間くらいだったらアルメニアに行ってみたいと思う今日この頃。

これからの更新分は、当時の写真と向こう(アルメニア)に居る友達との電話でのやりとりや手紙などから書く事になると思いますが、どうぞ宜しく。

右のメニューから順に記事をお読みください。
ちなみに次の記事は(2) 何故アルメニアか?です。



PR
アルメニア

このページのトップへ移動

Copyright (C) 不思議な、不思議な「アルメニア共和国」 All Rights Reserved.